求人の常識問題対策

求人の試験で問われる常識

求人を見てからの試験対策

様々な企業の求人を見て入社試験の試験項目にSPI試験や一般常識試験がある場合は、それなりの対策をしなければならないと思います。両試験ともに書店などで対策本が販売されているため、1冊ずつ購入して学習を進めましょう。よく多くの参考書を購入して勉強する方がいらっしゃいますが、そのようなことをする必要はありません。1冊で十分です。また、求人を出している会社についても知っておく必要があります。その会社がどのような業種なのかを知っておくことによって一般常識で出題されそうな問題を推測するのです。例えば、自動車業界の場合、円高・円安についてなどです。

SPI試験と一般常識試験の違い

求人に対して応募する場合、SPI試験や一般常識試験を受ける機会があります。SPI試験は、マークシート方式にて言語や数学の問題を解くというものです。問題集を重点的に反復しながら勉強していくことが大切です。求人案件によって試験がない場合もありますが、知識習得として役立ちます。一方の一般常識試験は、知識が幅広く出題される試験になっています。国語や数学などから時事問題まで、範囲が広く設定されています。そのため、日頃から新聞やニュースを見て知識を蓄えておく必要があります。就職活動で成功するために、これら双方の試験についての準備が肝心です。

新着情報

↑PAGE TOP