求人の教養問題対策

求人の試験で問われる教養

求人における筆記試験の実施

企業は一般常識のある人材を求人するため、採用試験では筆記テストが行われることが一般的です。最近では文章読解能力や計算能力を試されるSPI試験が主流になっています。筆記試験の成績次第では、面接に進むことができませんので、求人票に筆記試験の実施が記載されていれば、必ず対策をしておきましょう。SPI試験の対策本は書店で多く売られています。一般教養については、とにかく繰り返し問題を解いて覚えることがコツです。計算や判断能力についても、何度も同じ問題にあたり、パターンを習得することで速く解けるようになります。

SPI試験で見る教養と基礎学力

SPI試験は教養と基礎学力を見るものです。求人広告にSPI試験を課すと書かれていても恐れることはありません。中学で習ったことと知能検査を兼ねたような問題が出されるだけです。中学程度の内容がしっかりと理解できている人は何も心配することはありません。試験の傾向に慣れておいた方が良いですが、特別な対策を一生懸命やらなければならないようなものではありません。対策は数時間程度やれば十分です。このような試験を課す求人に出会ったら、事前に対策本を1冊やると良いです。簡単なものですが、全く対策をしないと、失敗することもあるので、油断はしない方が良いです。

↑PAGE TOP