求人の計算問題対策

求人の試験が課す計算問題

求人でのSPI試験の計算問題

好条件の求人情報を得て転職する場合、SPI試験という適性検査がある会社もあります。この検査は、能力適性検査と性格適性検査の2つに分類されています。能力適性検査では、受検者の能力的適性を判定します。性格適性検査では、求人の条件に合う性格的適性や態度的適性を判定します。また、正確に素早く計算できる力も必要です。演算処理などについては、日々の訓練である程度上達します。計算に慣れてきた段階に入れば、要領よく勉強できるようになります。理想的な職場に転職するためには、日頃からSPI試験への対策に取り組むことが重要です。

SPI試験の計算問題対策

近年、求人広告の募集欄に面接の他にSPI試験といった筆記を加える企業が増えてきました。その理由は、面接のみでは人の個性や能力を十分に把握することができません。応募者の絞り込みや業務を行う効率よく行えるかを確かめるためです。求人を出す会社によって計算など出題する問題は違います。しかし、SPI試験の計算問題の多くは公式を当てはめるだけで解ける問題なので心配する必要はありません。たまに公式だけでは解くことが難しい応用問題が出題されますが、パッと見で解ける問題だけ解きましょう。解答方法がわからずにペンを止めて考えてしまうと時間の無駄になってしまいます。

↑PAGE TOP